電話番号

営業時間:
09:30~18:00
定休日:
毎週水曜、第2・第4木曜日、GW・お盆・年末年始

戸田市・川口市・蕨市・さいたま市の総合不動産|ニッケンコーポレーション > 株式会社ニッケンコーポレーションのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入時に確認すべき建ぺい率と容積率とは?緩和条件も解説!

土地購入時に確認すべき建ぺい率と容積率とは?緩和条件も解説!

≪ 前へ|不動産売却で売主が問われる契約不適合責任とは?   記事一覧

土地購入時に確認すべき建ぺい率と容積率とは?緩和条件も解説!

土地購入時に確認すべき建ぺい率と容積率とは?緩和条件も解説!

土地を購入して建物を建てることを検討しているなら、建ぺい率や容積率についてくわしく確認しておく必要があります。
建ぺい率や容積率を知らずにいると、建築基準法に違反してしまう可能性もあるため、十分注意してください。
今回は、建ぺい率と容積率とは何なのかを、チェックしておくべき緩和条件も合わせてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

建物に使える割合を示す建ぺい率とは?

建物を建てる目的で土地を購入した場合、土地のうちどのくらいの割合を建物のために使えるかを確認することが必要です。
この割合を示すものが建ぺい率であり、「建築面積÷敷地面積×100」で求めます。
もし、土地に対して自由 に建物を建築した場合、建物が乱立して街並みに悪影響を与えることになるでしょう。
そのようなことにならないよう自治体ごとに建ぺい率の上限が決められており、上限より大きな割合で建物を建てることは認められていません。
また、土地の面積いっぱいを建物に使ってしまうと、火災が発生した際に周囲への被害が拡大することが予想されます。
そういった意味でも、敷地内にある程度のゆとりを持たせることが必要です。

延べ床面積を決める容積率とは?  

容積率とは、敷地面積に対して建物の延べ床面積が占める割合のことです。
延べ床面積はその家の床面積を合計したものなので、2階建ての場合は1階と2階の床面積を合わせる必要があります。
容積率についても自治体によって上限が決められていますが、建物の高さを高くしすぎると近隣にある住宅の日当たりや風とおしが悪くなってしまうことがその理由です。
これらのことから、建物を建てる際には、建ぺい率と容積率の制限をしっかり守るようにしましょう。

建ぺい率と容積率が緩和される条件とは?

建ぺい率と容積率が制限されると家を希望どおりに設計できなくなる可能性がありますが、実はこの2つには緩和条件が用意されています。
これを活用すれば建ぺい率や容積率を求める計算に入れる面積を少なくできるため、希望に近い家になる可能性があるのです。
たとえば、地下室やロフト・屋根裏収納などがあると計算から除外できる部分が出てくるので、設計の幅を広げられます。
緩和条件を利用しない場合と比べて広くて大きな家が建てられるため、条件の内容をくわしく確認しておくと良いでしょう。

まとめ

家を建てるために土地を購入する際には、建ぺい率と容積率の上限について事前に確認しておくことが大切です。
できるだけ理想に近い家を建てるために、活用できる緩和制度についても調べておくことをおすすめします。
株式会社ニッケンコーポレーションでは、さいたま市のマンションを中心に周辺の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
マイホーム購入や、賃貸物件をお探しなら、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却で売主が問われる契約不適合責任とは?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフブログ
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 解約受付
  • 事業一覧
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ニッケンコーポレーション
    • 〒335-0034
    • 埼玉県戸田市笹目1丁目15番地10号
    • 0120-210-210
    • TEL/0120-210-210
    • FAX/048-421-0055
    • 埼玉県知事 (11) 第8812号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約